フードツーリズムとは

「地域ならではの食・食文化をその地域(土地)で楽しむことを目的とした旅」のことであり、欧米では広く普及しています。

あくまでも、「地域ならではの食・食文化を楽しむ」ということが旅の中心の目的であり、地域ならではの場所や人が関わる様々な体験によって、目的である食・食文化の価値が高まる旅。

フードツーリズムマイスターとは

食をテーマに地域と旅行者を繋ぐことができるプロデューサー。
自ら、地域ならではの食・食文化を伝えることができる旅の達人でもある。

こんな人に受けて欲しい

受講対象者の例 資格の活かし方の例
観光関連事業者 地域ならではの食・食文化を活用した
観光客誘致、まちづくり
  1. 地方自治体、観光協会 等
  2. 宿泊施設:ホテル、旅館、民宿、農家民泊 等
  3. 外食:レストラン、食堂、キャンプ場 等
  4. 小売:土産屋、道の駅 等
  5. 農漁業従事者:観光農園、ワイナリー 等
  6. 旅行会社:添乗員、企画担当 等
  1. 着地型フードツーリズム体験プログラムの企画・実施
  2. メニュー開発や提供方法の考案
  3. 商品/サービス開発
  4. 観光客向けイベントの企画・実施
  5. 観光客向けガイドツアーの企画・実施
学生(観光学等) 食と観光による地域活性化手法の習得
地域活性化に興味のある方 地域ならではの食・食文化を中心にした
地域ブランディング

講師紹介

各講義を担当する講師をご紹介いたします。(五十音順)
※講師は変更の可能性がありますので、予めご了承ください。

渋谷 隆之介:しぶや りゅうのすけ


株式会社J&Jヒューマンソリューションズ(JTBグループ)の 海外添乗員として世界各国を旅し、添乗日数は延べ約5000日を超える。
オリンピックやワールドカップサッカーをはじめとする国際イベントの添乗も担当。
また食への関心も強く、国内外のレストランや土産菓子に精通している。

髙原 和江:たかはら かずえ


野菜ソムリエ上級プロ。
野菜・果物に関わるイベント等の企画・運営から講師までを一貫して行う。その他、講師育成、執筆など幅広く活動中。
楽しく食べて「ひと」も「まち」も明るく元気に!と地域活性化に従事。

立花 尚子:たちばな なおこ


野菜ソムリエ上級プロ。
「野菜が主役のフードツーリズム定着の推進」をテーマに地域食材の案内人として、地元生産者と飲食関係者をつなぐプロジェクトに多数参加。
プロデュースからセミナー講師までオールマイティーに活動中。

増田 寛子:ますだ ひろこ


JTBグループの海外添乗員として約25年間、年間200日世界を飛び回る。
世界中の街角でガイドブックを頼らず自分の勘で美味しいレストランを見つけるのが得意。
料理するのも好きで、海外で食べた美味しいものを再現するのも楽しみの一つ。
料理や製菓学校の研修ツアーなど食に関する添乗経験も多い。

村尾 まき子:むらお まきこ


JTB LOOKの専任添乗員として海外にて活躍。
結婚を機に退職し、その後、長野県上田駅広域観光案内所所長、坂井銘醸(株)観光部長を歴任。
2007年よりJTBグループの海外添乗員として再び世界を飛び回り、食と観光について、日本に活かせる何かを追求中。ワインソムリエ資格取得。

望月 一久:もちづき かずひさ


JTBグループの海外添乗員として約27年間、年間200日世界を飛び回り、添乗日数は延べ5000日を超える。
オリンピックをはじめとするスポーツ国際イベントを数多く担当し、世界トップレベルのアスリートの補佐を行う。
また、料理学校の研修など、食と観光に関わるツアーへの同行も経験。
昨今では訪日旅行をサポートし、日本全国の名所旧跡を巡り、古きものと新しいものの共存にあらためて感動している。

山下 真輝:やました まさき


株式会社ジェイティービーの観光立国推進担当マネージャーとして多方面で活躍。内閣官房の地域活性化伝道師、経済産業省の地域のストーリーづくり研究会委員など、数々の公的な取り組みにも参画。

page top